乾癬 写真 重度と軽度

 
乾癬の写真(画像)です。

乾癬 写真

比較的軽度の状態 乾癬の写真
↓ ↓ ↓
乾癬 軽度 写真


あなたはもしかするとこの乾癬に今現在お悩みの方ですか?

もしくは、あなたの知り合いや家族の方が乾癬にお悩みですか?



 

>>もし、そうでしたらこの先を一字一句見逃さずにお読みください。

 




上記の写真でもありますように、乾癬は体の至るところに出てしまい
かゆみを伴うことが多い皮膚疾患です。
腕、手のひら、お腹、背中、頭皮、首、足、爪など
唇以外の皮膚に現れる症状です。

そして残念なことに「原因はコレ」という特定できるものは残念ながら
今現在はわからないとされています。


あなたは体のどこかの部位に、写真のような状態とまではいかないまでも
症状が出てきてしまって心配になっていませんか?


乾癬はそのままにしておくと徐々にではありますが広がってしまう
可能性もあります。事実そのような方もいらっしゃます。


乾癬になってしまった方々はその後、どういう行動をしているか調べてみました。

これはインターネット上での質問や回答を参考にしてまとめたものです。

乾癬治療の現状


まず、はっきりとした原因がわからないながらも皮膚科などの病院にいくと

外用薬として
ステロイド、活性型ビタミンD3外用薬

内服薬として
免疫抑制剤(シクロスポリン)
ビタミンA誘導体(エトレチナート)
ビタミンHの成分(ビオチン)注射もある。

他には
光線療法
抗TNF−α抗体治療

などが治療薬や方法として有効とされ、多くの方が処方されています。


上記に挙げた方法を医療の現場では多く行われているのですが
副作用もあれこれ心配なものが多くを占めている現状です。


医師側も乾癬の進行状況をみて効果が無ければ
上記の治療法を順に変えていくといった方法を取っているようです。


インターネットでの質問サイト情報を見ていると

「病院でもらった薬が効きません」
「さらに酷くなってしまいました・・」
「どこかいい病院はありますか?」や


「○○○でダメだったら今度は○○○治療でやってみたらどうですか?」
など、事実良くなったという方から治療法を提案してくれている返答が多く、

「これがだめなら、あれをやってみればどうでしょう」
上記に挙げた治療法を推薦している状況にありました。


これだけ治療法があれば自分にも有効なものがあるはず!と思いたいですよね。

そして「現在、乾癬の原因がはっきり特定されていない状況」の中で
有効とされている治療法を医師と患者さんが探りに探った上で
チョイスしているといった感じです。


医療費もそれなりにかかってきますし、医者も方法を探り探り・・
そして、自分に合う方法に巡り合えていない人が多いという状況。


そしてその方法を見つけ、一度良くなってもまた再発してしまう
恐れもあるというのです。

ものすごく不安ですよね・・



>>>で、ここからがさらに大事です。<<<


そういった状況の中で、乾癬の原因はコレだと言う方がいます。



その方は、今までに1000人を超える方達の乾癬を解消してきた方で
名前を三戒堂 水宝さんといいます。


実はサイトの上記に乗せている乾癬の写真の人たちが
解消された後の写真もあります。


この三戒堂 水宝さんの解消法で良くなった方々の写真です。


病院の薬や市販の薬を使っているけど治らない。
また違う治療法をするように言われて、不安になっている。
治療費ばかりかかって生活を圧迫している。



でも、この方法ならすっきり解消できるのではないかと思い、紹介します。


写真に載っているような乾癬の
原因がわかっていない理由をも
三戒堂 水宝さんは語っています。


乾癬の原因は●●●にあると。



こちらから解消された写真、原因すべて見ることができます。
↓ ↓ ↓

乾癬解消法 テアテマンドール


また、これから病院に治療に行くというあなたも
もしもの時に役に立つかもしれませんので当サイトを
ブックマーク(お気に入りに追加)しておいてください。


 
 
inserted by FC2 system